読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

demandosigno

なんとか生きていけるように

CentOS をネットワークインストールする。その3 xinetd ではなく systemd を

Linux

CentOS7 をネットワークインストールする。その2 PXEサーバ

で色々やってみたのですがうまくインストールできませんでした。

そこで疑問に思ったことが一つあります。当初ネットを検索してPXEでのインストール方法を探したところ皆 xinetd を使ってるんです。

www.unixmen.com

tapira.hatenablog.com

HowTos/PXE/PXE Setup - CentOS Wiki ←公式のWikiですら xinetd。

CentOS7 をネットワークインストールする。その2 でも言及したんですが、xinetdはCentOS7ではレガシー行きになって、替わりにSystemdになったんじゃないの?と。

そこであらためて検索したところ、次のブログを見つけました。

nothen.com.ar

欲しかった内容そのままの記事ですね。

4 May, 2015 in Linux by Eric Nothen
There are tons of articles on the internet about configuring a PXE server, most of them unnecessary long and complex. Moreover, they all focus on using Xinetd. As you know, Xinetd is a daemon that LET’S JUST LEAVE WIKIPEDIA EXPLAIN IT:
インターネット上にはPXEサーバ設定に関する沢山の記事がありますが、そのほとんどが不必要に長くて複雑です。その上、それらはすべて Xinetd を使用することに焦点を置いています。ご存じの通り、Xinetd はデーモンです--ウィキペディアにそのまま説明してもらいましょう:

 xinetd - Wikipedia この場では日本語Wikipdeia から引用
 >xinetdは、Unixオペレーティングシステムで動作するオープンソースのスーパーサーバ型デーモンで、インターネットベースの接続性を管理する。inetdをよりセキュアに拡張したバージョンである。<

Well, at least the English version of this article includes a brief explanation of how Xinetd allows for on-demand services. That is, avoid running services while they are not receiving connections. So all cool with Xinetd, but truth is that because of its limitations, it’s being used less and less these days.
まあ、少なくともこの記事(Wikipedia)の英語版は、xinetd がオンデマンドサービス(ftpサーバ、telnetサーバ等の代わりに接続要求を待ちうけ、要求があれば各サービスを起動する。接続要求を受信していない間はサービスを起動しない)を可能にする方法の簡単な説明が含まれています。だから、すべて xinetd でもかまわないのですが、その機能の限界を理由として、近頃では次第に利用されなくなっています。

In modern operating systems, like CentOS/RHEL7, and since Fedora 15 (released almost 4 years ago!), Systemd can not only replace Xinetd’s functionality, but also add some features of its own, like centralization of logs and status monitoring. Systemd deserves a whole article on its own (or several), but before I write about that, I need to do proper research (?), so I’ll leave that for another time.
CentOS / RHEL7 などの最新のオペレーティングシステムFedora 15 以降(ほぼ4年前にリリース!)では、Systemd は Xinetd の機能を置き換えるだけでなく、ログの集約やステータス監視のように、独自のいくつかの機能を追加します。"Systemd" だけで丸ごと一つの(または複数の)記事を書くに値しますが、それには事前に相応の研究を行う必要があります(?)ので、またの機会に。

Back to PXE, I was surprised to see that even Red Hat, on their official RHEL7 documentation (here), uses Xinetd to run tftp and provide PXE service, something completely unnecessary, as I’m about to display, ladies and gentlemen (?).
PXEに戻りましょう。私は Red Hat の公式 RHEL7 ドキュメント(こちら)でさえ、TFTPを実行し PXE サーバを準備するのに Xinetd を使用していることに驚きました。完全に不必要なものです。今から私がお見せしましょう。皆様?(用意はいいですか?)

翻訳に自信はありません。が、この上記記事に沿って行ったらインストールできました。数点変更した部分がありますが、とりあえず今日はここまで。詳細はまた来週記載します。 

CentOS7 をネットワークインストールする。その4